忍者ブログ
本を見ただけじゃ分からない世界がそこにある!
2017/06/26  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




第百回神奈川オープンに参加してきました!
神奈川オープンは日本オセロ連盟が主催する大会で神奈川県内では最大規模の大会です。

部門は全部で二つ。

⬛無差別(有段者)
⬛一般(初心者~有級者)

去年、無差別にいきなり参加して6戦5敗と痛い目をみてるので、今回は一般部門で上位入賞目指して参加してみた。









PR

日本オセロ連盟が主催するオセロの大会「流山オープン」に殴り込みに行ってきました!



会場はここ!千葉県の南流山センター。

前回、神奈川オープンに参加したとき、有段者のクラスで参加して6戦5敗とボッコボコにされましたが、今回は有段者不在で、強くても「1級」クラスしかいない大会ということで、試合前から「全勝優勝」宣言していました(  ̄▽ ̄;)



休み前に風邪をひき、ほかの人にうつさないためにマスクを着用していきました。



今大会の御守り!



「日本オセロ連盟 東関東ブロック」・・・おおおお!なんかカッコイイ響きだ(*≧∀≦*)
なんかとてつもなく大きな大会に参加してる気になってきたw



試合会場。・・・あれ?これで全員?
参加者は約9名。去年参加した神奈川オープンとは比にならない少なさだ(>_<)
子供もチラッと見かけるけど、去年の福地啓介くんみたいにめっちゃ強いパターンもありうる。
警戒しとかなければ・・・!とかいって勝てば大人気ない気もするし笑

なんか皆、お互い顔見知りみたいで、この大会の常連だということがよく分かった。

一試合目はいきなり「1級」の保持者と対局。うわあああ(>_<)いきなり!!
中盤までは良い流れだったように思ったが、相手の手数を削るために安易に辺を奪いすぎた結果、終盤逆に手数を削られ、ボロボロの結果に。。

二試合目はまったくの素人で、営業も兼ねて試合参加したお方でした。
オセロや将棋、囲碁が遊べるボードゲームバーの経営者だそうです。
おおお~面白そう(゚∀゚ )b☆!でも残念ながら千葉県なので遠くて行く機会は無さそうだ・・・。

三試合目は高校生の青年。俺と同じ無級者ながら、リバーシプロジェクト三級の実力者(俺は未だに四級です。。)。試合序盤、いきなり相手が不可解な悪手を打ってきて混乱。。。
「まさか・・・作戦・・・?」深読みしてしまう。。( ´Д`;)うむむ・・・
試合後、あれはただの凡ミスだったことを教えてもらった笑
が、深読みのし過ぎで俺の負け。(''''A`)
この子とは今でもライン友達。

四試合目は親子。一瞬お子さんの方が相手かと思ったが、お父さんの方で内心ホッとした!!
神奈川オープンの福地啓介君(7)がトラウマになってるのかも笑
結果は俺圧勝。このとき稼いだ石数が後の大会順位を左右することに・・・!!

五試合目はまたしても「一級」で現在三連勝中と絶好調の猛者と対局することに。
「こりゃ優勝どころか、準優勝も・・・」と嫌な予感。
いざ打ってみるとやはり強い!局所局所で自分が有利な形を作ったつもりが(いつもはここで勝利が見えてくるのだが)、彼はひらりひらりと上手く回避しながら、逆に俺を追い込んできた(''''A`)
俺が複数の隅をとられる絶望的展開・・・(※隅は絶対にひっくり返らないのでとれば有利になる)

ここから奇跡の大逆転が起こる!!

左下の隅を奪われた俺は、逆転の発想をしたのだ!
「右下の隅もあげちゃえ!!」

図にするとこんな感じ

□□●●□□□□
□●●●○○□□
●●●●○○○○
●●●●●●○○
●●●●●○○○
●●●●○○○○
□●●●●○○□
★□●●●●□□

↓(右下の隅もあげちゃえ!)

□□●●□□□□
□●●●○○□□
●●●●○○○○
●●●●●●○○
●●●●●○○○
●●●●○●○○
□●●●●○●□
●□●●●●□★

ここで相手のとった「隅の隣」に1マスの空きが生まれた。

●●●●○●○○
□●●●●○●□
●☆●●●●☆●

この空きマス二つを俺が奪うことで

●●●●○●○○
□●●●●○●□
●☆○○○○☆●

下辺ほとんどを俺の白にすることができる。

この戦法で1級の相手に逆転勝利!!





そして大会全体の総合順位は・・・なんと二位!
やったー!



四級認定ももらった!
どういうわけか認定証はあまり出したくないみたいで、
こっちが声をかけるまで出すつもりは無かったらしい笑
まあ気持ちは分からなくもない!

今大会で対局した高校生とはライン友達にもなれた!
こういう趣味を通じた人との出会いは大切にしていこう!

本日、湘南格闘クラブ藤沢で行われた試合に選手として出場してきましたー。

実は前日に終電で寝過ごして、隣町の大磯まで行ってしまい
翌日に試合が控えているにもかかわらず、深夜二時~三時に走って平塚まで戻ってきたのでした( ̄▽ ̄)・・・。

当日の朝は当然超眠い!
二度寝したい誘惑をこらえて、エナジードリンクを飲み、バナナを食べ、気合を入れて試合会場である藤沢ジムへ!

うわ~緊張してきたっ・・・
試合開始が近づくにつれて顔色が曇ってきているのが自分でもわかった。。。

しかし息が上がったり、腰が抜けたりだといったことは無かった。
緊張がすんなりと体に馴染んできて、逆に温まってリラックスできた。

前日のパーティで飲んだ「蛇酒」のおかげか、
はたまた罰ゲームで食べた「タランチュラ」の毒が回ってきたのか・・・

~先日のタランチュラ試食会の様子~







正直、そこそこ美味しかったww

ってのは置いといて・・・・



勝ちました!
どんなもんじゃい~



実は試合前は「左ミドル」主体で行こうと決めていました。
キックを始めた当初からずっとこだわり抜いてきた「左ミドル」
この左で試合を決めてやろうと決めてました。

試合開始前、不安な自分を奮い立たすために、仕事先の「元キックボクサー」の人のアドバイスを思い出す。

「怒れ!怒りをコントロールしろ!」
とにかく理由はなんでもいいから怒りのスイッチをいれる。

対戦相手に目をやり、「なにハゲてんだよコノヤロー!」と
内心思いながらメラメラと理不尽な怒りがこみ上げてくると、不思議と緊張は無くなっていた。

1R開始!早々、左ミドルが三発ヒット!
ドスッ!ドスッ!!バチーン!鈍い音が場内に響き、自分もびっくり!
周りからも「おお~」という歓声が聞こえたきがするけど気のせいか・・・?



三発目のミドルからは単調にならないよう変化を加え、
試合前に考えていたコンビネーション「左ミドル→パンチ連打」へ繋げようとしたが
焦りすぎて踏ん張りのきかないへなちょこパンチの連打となってしまった。
動画で見返してみると・・・これはひどいwww



ここからは必死だったからあまり覚えていないけど
とにかく大樹コーチの「亀になったら負けるぞ!」が頭の片隅にあって
打たれ負けないようひたすらパンチを連打して前進していた。






しかし2R目で息が切れ始めて手が止まると、待っていましたとばかりに相手の連打を喰らう。







この時、すーっと頭の中で「このまま負けるのか」と弱気な思考がめぐる。
しかし「今まで何のために努力してきたんだ!」と奮い立たす!
とにかく勝ちが欲しい!




試合前は不安なこととかいろんな思考が意識の上を駆け巡ってたけど
実際リングに立ってみると潜在意識の中にある勝ちへの執念はハンパなかった。




2R半ばからスイッチが入ったように、パンチが重くなった。
そしてこの重いパンチのヒットをきっかけに、パンチの打ち方が切り替わった。




今まで人の顔面を思いっきり殴ったことはなかった。
スパーリングでも無意識に強く殴ることをしていなかったのかもしれない。

最終ラウンド、スピードを意識した第1Rよりも「一発の重さ」を意識するようになり、
徐々に相手が後退していく。


 

「がむしゃら」

まさにこの言葉のような試合だった。

決して攻撃テクニックやディフェンスが上手かったわけじゃない。
下手くそな試合をしてしまった。試合前に考えていた「やりたいこと」も、コーチに教わった「攻撃のフォーム」も全部すっからかんで、全部出来ていない。
パンチを顔にもらうのが怖くて目をパチパチさせながら前進していた。
ガードもがら空きだ。

自己採点するなら30点だ。






しかし判定は2-1で勝ちだった。
結果オーライである。




ちなみに今大会でレフェリーを勤めてくださった豊永稔氏は、大晦日のK-1でもお馴染みのレフェリー。

大舞台だけでなく、アマチュアの試合までレフェリーしてくれるなんてほんと良い人!


また参加してきました東京タワー階段競争~!
前回146人中/17位、となんともやりきれない成績だったので
絶対リベンジすると心に誓っていたのだが、チャンスはすぐ訪れた!
9月27日、第三回大会があるというのだ!

そんなこんなでひょこっと参加してきました~


 
階段競争は足の速い順にウェーブスタートとなるのだが
前回、自己申告タイムを遅めにしたせいで、足の遅い人たちに挟まれてこの狭い鉄骨階段で六人ほど追い抜きながらの競争になってしまった。これではベストタイムは出せない!
今回は申告タイムを早めにして10人目でのスタートとなった。



まずは団体の部から成績発表~



団体の部は、階段競争常連の松本氏率いる「アイラブ階段競争」チーム( ̄▽ ̄)
さっすが松本氏。



松本氏は個人でも二位という好成績を収めた。
すごいぜまっちゃん!
 

さてと、今大会の俺の成績は・・・


 
五位!

キックボクシング効果なのか?!
トップ10いけば良い方だと思ってたらこの成績!
タイムは3分4秒でギリギリ二分の壁を打ち破れず・・・
しかしまあ、四位との壁の厚さを見て、この結果で仕方ない気がしてしまった。
四位とは10秒以上の差があったのだ・・・



女子の部はまたしても、子供が一位。
前回は小学生くらいの女の子、今回は中学生くらいの女の子
女子の部!大人勢どうした~!



記念撮影♪また参加したいなー!

第93回神奈川区オープン・・・日本オセロ連盟が主催する公式なオセロ大会に参加してきました。(^o^)/

結果から言うと、日本代表の一人に勝利しました!

中学生の頃からオセロを打ち込んできた俺は、生の大会に参加するのはこれが初めて。自分のレベルがどこまで通用するのか楽しみでした!笑



顔見知りが多いのかみんな知人のように声をかけあっている。



上級者どうしの試合になると、やはり試合は拮抗してしまう。
この盤面、パッと見、一体どっちが勝ったのかわからないが、このような試合が数多く見られた



今大会、なんと自分以外の参加者全員が有段者という完全アウェー状態(;´Д`)。
ひとりだけ段位なしはかなり場違いな感じだった。

実はこの大会、名の知れたオセラー達が日本選手権前の腕慣らしに参加する隠れた激戦区なのだ!




そんな中、俺は、奈良楓馬さん(二段)と激突!
彼は、茨城ブロックを突破した日本代表の一角であり、序盤から棋譜を全て記録しながら打っていく勤勉オセラーだ。

一方、独学でオセロをやってた自分は、相手とは対照的な変則オセラー!
定石も知らなかったので、終始変な打ち方で相手を翻弄して勝利。

もしかしたら無段者だから油断してくれたのかもしれない(^_^;)。



そして今大会、神童の暴れっぷりがすさまじかった!!!



大人の有段者相手に、次々に快勝。
何者だ彼は・・・調べてみると、この「福地啓介」くん、超有名人らしい。

大人の有段者も参加するトップクラスの大会で当時国内レート5位だった大人を倒して優勝したスーパー小学生だったのだ。

親御さんの話によると、幼稚園の年長だった2年前の夏、「頭を使う遊びをさせよう」と教えたところ、どんどん上達。親が相手にならなくなったのでパソコンソフトと対戦を繰り返して腕を磨いてきたそうだ。



東京タワー階段競争も、女子の部は小学生が一位だったが、やはりオセロにおいても子供の可能性というものは計り知れない…

プロフィール

HN:
Aky
年齢:
26
HP:
性別:
男性
誕生日:
1990/11/06
趣味:
キックボクシング
自己紹介:
愛車のカブと共に日本全国いろいろな地域を旅します!
P R

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)