忍者ブログ
本を見ただけじゃ分からない世界がそこにある!
2017/06/26  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回は前日の雨天が嘘のように晴れていたので、山中ツーリングでもしに「箱根へいこう」とバイクという名の50cc原付を走らせていたのだが、小田原城辺りが妙に騒がしい。。と進路変更して小田原城へ向かった。

いつもの気まぐれツーリングである。



なんだこの変態女装集団はー!笑
どことなく古い時代を感じさせるけどなんか違う~
今時のアニメチックな衣装だ



なかなか目を合わせてくれなかった内気な女の子。
撮影フリーということでカメラを向けた途端「ビシッ!」とこのポーズ



こっちの方のコスプレはガチなやつだった。
オタク共よ、これがサムライである!



女かと思いきや全員男っていう・・・



コスプレ集団の多さにびっくり。今日はコスプレイベントの日だったみたいだ。



次にやってきたのは箱根にある「生命の星・地球博物館」
二年前も来たので二回目ではあるが、とても見ごたえがある



火山と地震の関係性を示した立体マップ



こんなやつらに出くわしたら死ねる自信がある



まるで生きてるみたい









PR

横浜にやってきた!

最近、各地で多様なイベントを開催しているポケモンたち

今回、横浜でピカチュウが大量発生するという奇妙なイベントを開催していたので
見に行くことにしました。



子供たちが喜びそうだ(^.^)



ピカチュウだらけの光景はとてもシュールだった。
一匹のピカチュウを追跡していくと、コスモワールド内にある更衣室に入って
10分後・・・汗だくのおじさんが出てきた。

こんなピカチュウの進化形態を子供たちには絶対見せてはいけない
不用心に出入りするおっさんたちに、そんなことを思いながらも
時給いくらだろうか、と一瞬考えてしまった自分ももう大人になったものだ、と悲しみにくれる



「なかにおっさんが入ってますよ」と心で呟きながら、微笑ましい光景を眺め



さっそうと去ろうとしたが
エレベーターにはさまって身動きが取れないピカチュウ





せっかくなので自分も記念撮影♪

平塚市内最大の公園であり、球場、サッカースタジアム、ジム、プール、温泉、動物園、なんでも揃っているのがこの「平塚総合公園」です。


ここは日本庭園を意識して作られた中庭。


池にはカメとコイが泳いでいて、人影を察知すると、我さきにと駆け寄ってきて餌を求める。


それにしても・・・皆飢えすぎ


彼も総合公園の住民であり、いつも数百羽単位で活動をしている仲良しグループの一員


彼らも食料には飢えているようだ

横須賀にやってきました。横須賀といえば「海軍カレー」で有名ですよね。
米軍基地もあるためアメリカ人が多く、米国人向けマーケットもあります。

そんな海軍の街、横須賀で発見したのがこれ


戦艦三笠記念館。日露戦争で日本を勝利に導く大活躍をした戦艦で、
この戦艦(艦隊)なしに今の日本はなかった、と言っても過言ではないでしょう


搭乗者は海軍大将「東郷平八郎」
西郷、など「郷」のつく苗字は、薩摩に多い苗字の一つで、
彼もまた薩摩(現在の鹿児島)出身の人物で、鹿児島が世界に誇る武人です。

15歳の時に薩英戦争(鹿児島と英国の戦い)に従軍し、英国留学を経て、海軍の対象にまで上り詰めたといいます。
頭の回転は早かったわけでなく、コツコツと努力して、じっくり考えて、物事を進めていくタイプの人間だったと言われております


ここは砲台。命中率は不安定で、外れることのほうが多かったので
まず一発目に試発射をして、砲弾の着水地点を見極めてから、軌道を微修正して狙いを定めていったようです。
ただし当時の戦艦は、一発発射するたびに黒煙で視界が見えにくくなり、狙いを定めにくくなるという弱点がありました。その弱点をまっさきに克服したのが戦艦三笠です



この戦艦ミカサは当時の戦艦の常識を覆す改良が度々加えられていて、
たとえば先ほどの黒煙の話。三笠の砲煙は白色で視界を極力遮らないものでした。これは火薬に秘密があります。使われた火薬は下瀬火薬(しもせかやく)といって、日本独自に作り出されたオリジナルの火薬でありながら、威力は当時世界最高でした。

ロシア軍の兵士は「鉄の塊(戦艦)が燃えている」と、下瀬火薬の火力の強さを表現しました
砲撃の衝撃で戦艦に穴を開けて水没させるような戦いが主流だった当時の海上戦において、
鉄を炎上させる下瀬火薬は、ロシア兵を砲台に近づかせることすらさせなかったのです。

砲撃の威力の秘密は、もうひとつ砲弾の中にありました。
砲弾の中に数百個ほどの小さな鉄の塊が散りばめられていて、爆発とともに戦艦をハチの巣にしたといいます。たとえ戦艦をはちの巣にしなくても、近くにいた搭乗員は全員戦闘不能になったことでしょう


当時の国力が目に見える世界地図。
ロシア帝国(黄色)の敗北は世界のどの国も予想できなかったと思います

あっつい真夏はツーリング日和♪
今回は一度も言ったことがない「三浦半島」へ向けて出発


三浦半島に行く途中で立ち寄ったのが逗子市。
畑が多くて農業が盛んな地域のようでした


絵に書いたようなこの農道!いいね


三浦半島へ到着。漁業が盛んな港町です。
背景の大きな橋は、三浦半島のもっと奥へ行くための車道でしたが、めんどくさくなったのでここで休憩


陽の光が強すぎて、陰影の濃い写真になってしまうのを、逆手にとった一枚。
逆に味が出て良い感じ(*^^*)


帰り道に立ち寄ったのが、湘南佐島なぎさの丘。
海抜数50メートルの丘の上にある住宅地は、風通しも良く、眺めも絶景でした。
プロフィール

HN:
Aky
年齢:
26
HP:
性別:
男性
誕生日:
1990/11/06
趣味:
キックボクシング
自己紹介:
愛車のカブと共に日本全国いろいろな地域を旅します!
P R

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)