忍者ブログ
本を見ただけじゃ分からない世界がそこにある!

草津は温泉の町だが、川の上流にある滝の裏側に、なんとほぼ人が立ち寄らない秘密の源泉があるという!

尻焼温泉があのような冷水だったので、こんどこそとリベンジを誓い、山奥の源泉を探しにいく。

20170812_125315.jpg
お、ぉう。。。熊が出るんだ(笑)
知らなかった

20170812_125708.jpg
登山道入口。右手にまたしても熊注意の看板。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

登山中にふと思いつき、スマホの音量をmaxにして音楽をかけながら歌って登山することにした。

なるべくロックめで激しい曲!!

もし今、他の登山客とする違ったらとても恥ずかしくて人間失格のような気がしたが、熊に食われないために、生き延びるためにこっちも必死なんだよ!!

20170812_132444.jpg
滝!あった!
意外と早かった

20170812_132501.jpg
あー・・・
20170812_132506.jpg
遠い遠い。滝を展望できるだけで滝自体はまだまだ遠い

20170812_132622.jpg
案内板発見。既に一時間歩いてる。
熊なんかどうでもよくなってきた

20170812_133229.jpg
登山ルートの脇道に滝への抜け道を発見!

20170812_133234.jpg
どうやら上級者向けのコースらしい。
自称上級者なので恐れ多いが通らせてもらった。

~過酷すぎたためここから写真少なめ~

・・・なんじゃこりゃ!?
俺の知ってる登山道じゃなかった。

自分の背丈ほどある草の間を掻き分けて進むと、今度は45度くらいの傾斜を草にしがみつきながら横づたいに移動する。

『素人は落ちろ』と言わんばかりの険しい道になっていた。(マジで何度か足を滑らせた)

そして草が多すぎて、徐々に道が分からなくなってきた

誰かが草を踏み倒して通った道跡が残っていたので、その跡を歩くことにしたのだが、このときの俺の判断はとんでもない間違いだったことに後で気付く。

しばらくその跡をなぞり、傾斜の下まで下っていくと、滝の音が強くなってくる。

『もうすぐだ!』

そう思ったのもつかの間、

20170812_135815.jpg
・・・ひっかき傷??
ま、まさか。。そう俺は獣道をなぞって傾斜を下ってしまっていたのだ。

しかし滝の音はもう目の前。引き返そうにも今までの二時間を思うとなかなか後に引けず、川のふもとまで降りることに。

・・・そして出会ってしまった。

川の向こう岸に黒い影。

目を見てはいけない、ととっさに思い出すも、時すでに遅く、気付かれてしまった。

熊に。



ア、コンニチハ・・・( ̄▽ ̄;)

走って逃げようか・・・いやあの傾斜じゃ走れないし滑り落ちるのがオチだ。

石を投げて攻撃しようか、、、いや動画で見たことある。興奮させたら逆効果だ。

頭がいつもの10倍くらい高速でいろんなことを考え、とっさに『刺激しないように静かに去る』ことに。

ゆーっくり前を向いたまま、熊の視界からフェードアウト。

じーっとこちらを見つめる熊。

熊の視界から消えたあとにも、もう走ってきてるんじゃないかと思ってしまい、背筋がゾクゾク。

なるべく音を立てないように草にしがみつきながら来た傾斜を登る。

振り返ってみると、( ゚д゚)ポカーンと唖然の表情でこちらを見つめる熊。

熊はとても臆病なので、びっくりさせたり、興奮させなければら、積極的に人を襲うことはない、というのは本当だったのか。熊も森の中へ引き返してしまった。

20170812_141834.jpg
帰りは大雨。
早足で傾斜を抜け出し、元の登山道に戻る。
もう懲り懲りだ。勉強になった。

20170812_142840.jpg
帰りに遭遇したカエルくん。

雨は登山者にとって難敵だが、森の生物たちにとって恵みであり、命の源なのだ。

20170812_163033.jpg
帰りは日本三大温泉のひとつである草津温泉へ。

20170812_163839.jpg
す、すごい。温泉のテーマパークみたい。あちこちからお湯が沸いてるらしく、そのお湯をまんべんなく使っている。

20170812_191906.jpg
しかも無料の温泉まであった!

俺は一体なんのためにあんな山奥まで行ってきたんだ

草津の温泉は『強酸性』のためかなり傷に染みるが、石鹸を使わなくても肌がすべすべする。そういえば町の人はみんな肌ツヤツヤで美人だ。

20170812_185616.jpg
20170812_185623.jpg草津名物、特大しょうが焼き!超分厚い超美味しい✨✨

(しかしなぜかこのあとお腹を壊してしまった)
過去の記事


関連記事
天然の温泉『尻焼温泉』
0
0
世界一怖い吊り橋『無能吊橋』
0
0
断崖絶壁!大月の岩殿山
0
0
PR


20110927_1382371.jpg

ネット上に写真だけ出回っている謎多き吊り橋。ちまたでは無能吊り橋(橋として無能なため)と呼ばれ、足場板がぶらんぶらんで人が渡れるとは思えない吊り橋。

SmartSelectImage_2017-08-11-16-12-23.png

現在、埼玉県のどこかにある、という情報しかない。


SmartSelectImage_2017-08-11-16-13-44.png
Twitterの親切なフォロワーさんがヒントだけくれた(場所は分からない)

やはり自分で探すしかないのか。

20170811_160621.jpg

お、この施設は・・・
吊り橋を渡った人のブログに写っていた古めかしい郵便局。

ここから双眼鏡を使うと橋が見えるらしい。

20170811_160655.jpg

どれどれ・・・

20170811_160627.jpg

めっちゃ霧がかかってます。なにこれ

と、ここでさっきのTwitterでもらったヒントを思い出す。

(とあるトンネルを抜けたらすぐ脇に道がある)

来た道を振り返ってみる。

20170811_161753.jpg

あ、あったあった!!\(^o^)/ワーイ

20170811_161756.jpg

あ、無理だこれは。
見つけて数秒で確信した。



『渡れねぇ!!』

20170811_163830.jpg

崖をよじ登り、橋のふもとまで来てみた。


アカーン( ̄▽ ̄;)ダメなやつだこれは。

足板の隙間が大きすぎるのと、所々破損して抜け落ちてるので、ちょっとこれ作った人頭おかしいと思う

20170811_173205.jpg

なんだかんだ渡っちゃったけど(笑)

ビビりなんで渡りきれはしない!



0:00
/ 3:17


過去の記事
新しい記事


関連記事
今度こそリベンジ!浄布の滝のふもとにある草津の源泉!
0
0
天然の温泉『尻焼温泉』
0
0
断崖絶壁!大月の岩殿山
0
0

20170811_113404.jpg

山梨県大月駅から徒歩数分で登山道入口につける超お気軽登山スポットの岩殿山。

20170811_115611.jpg

じつはあちこちに岩をよじ登るためのロープが張ってあって、登山というよりロッククライミングもどき?みたいな山なのだ。

20170811_123804.jpg

山頂は『稚児落とし』という呼び名で、戦国時代に織田信長軍に追われた人達が身を潜めていたところ、赤子が泣き出してしまい、声が谷に反響して敵に気付かれるのを恐れてその赤子をここから放り投げた、という悲しい歴史の場所なのだ。

20170811_124056.jpg
いや・・・たまったもんじゃない。。



0:00
/ 1:11


過去の記事
新しい記事


関連記事
今度こそリベンジ!浄布の滝のふもとにある草津の源泉!
0
0
天然の温泉『尻焼温泉』
0
0
世界一怖い吊り橋『無能吊橋』
0
0

群馬県の草津には、川がまるごと温泉になっている場所があるという。しかも無料で入れる天然の温泉(野湯)

道中で『つめてぇーー!!!』という子供の悲鳴が聞こえたが、気のせいだろう。気のせいということにしておこう。

20170812_093245.jpg

悶絶している子供

20170812_112659.jpg

おぉ!!!結構人がいる。
(人が少ない秘湯のようなイメージをしてたがさすがに人が多い)

全裸のおっちゃんがいる
調べてみたら、規制はないらしく、あくまで『混浴』だそうだ。だから全裸で何が悪いと言わんばかりのおっちゃん達。

若い男性や女性の観光客は水着を着用して岩場をうろうろ。
おっちゃんも温泉には入らず、全裸のまま岩場に座る。

そういえば、なんでみんな温泉に浸からないんだ?

20170812_100923.jpg

浸かってる人もいた!
なーんだ、気のせいか。

よし、俺も浸かろう!

20170812_093943.jpg

ジャッボーン(水中ダイブ)
(銭湯ではこんなこと絶対できない)

17-08-16-07-20-35-040_deco.jpg

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
さ、さぶい。。(即行で脱出)

どうやら大雨の影響で上流にあるダムを放流しているそうだ。大量の冷水が流れ込み、もはや温泉ではない!



ただの川だ!!

17-08-16-07-26-34-779_deco.jpg
この部分だけめっちゃ熱かった。ここから湯が沸いてるらしい。

身体左半分が焼けるように熱く、右半分が凍えるように寒い
過去の記事
新しい記事


関連記事
今度こそリベンジ!浄布の滝のふもとにある草津の源泉!
0
0
世界一怖い吊り橋『無能吊橋』
0
0
断崖絶壁!大月の岩殿山
0
0

今年の大晦日は年末に行われる「RIZIN」を見るために埼玉スーパーアリーナへ行くことに!

今キックボクシング界には「神童」と呼ばれる選手が存在する。俺も多くのキックボクサーの試合を見てきたが「天才だ」と思えたのは彼だけである。

キックの神童「那須川天心」。

弱冠16歳にして王座獲得
プロフィール

HN:
Aky
年齢:
26
HP:
性別:
男性
誕生日:
1990/11/06
趣味:
キックボクシング
自己紹介:
愛車のカブと共に日本全国いろいろな地域を旅します!
P R

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)